銀座(圏)100円ショップ列伝


有楽町線新富町駅すぐの100円ショップUSAが5月8日をもって閉店とのこと。

円安が直接の影響かもしれませんが、一抹の寂しさがあります。


以前は、銀座はおろか、隣接する「奥銀座」の築地・新富・入船までエリアを広げても、100円ショップはありませんでした。


2016年11月、そこに現れたのが100円ショップUSA。 ちなみに、合衆国の方ではなく、うさぎの「USA」なのだそうです。

銀座の東端からなら徒歩5分で行けるUSAのおかげで、銀座圏でもついに100円ショップが使えるようになりました。


2018年には、東銀座に近い築地に本命のダイソーが開店。品揃えも十分で、人気を集めています。


そして2021年、満を持して銀座にワッツが誕生。中央通りでも地味さはトップクラスの大型商業ビル「MELSA Ginza-2」の地下ではあるものの、銀座一丁目駅直結の利便性と広い店舗で、銀座の100円ショップとしてすっかり定着しました。


先日来、ダイソー、3COINS、セリアが相次ぎ銀座に進出しましたが、さて、今後はどうなるでしょう。 これら3店舗は旗艦店的な位置づけであるかのような報道もありましたが、実際に見たところ、品揃えに特別なものは感じられませんでした。


ワッツは開店時もさほど話題にならず、普通の1店舗として地域から普段使いされてきたためか、そこそこ賑わっているように見えます。 後発組もワッツを研究したと思いますので、広告宣伝的な性格はあるにしろ、いずれも銀座の舞台裏を支える店として運営される気がします。