銀座に「ニーハオトイレ」?



超オープン型トイレ「ニーハオトイレ」


中国の「ニーハオトイレ」、大便器の周りに仕切りがないかほとんどなく、他の方と顔を合わせながら排便するという超オープン型トイレのことです。 体験するとなかなか衝撃的ですが、上海など直轄市、各省都、青島など副省級市といった大都市部で出会うことはほぼなくなりました。 たぶん、日本の街中で「ボットン便所」に出会うくらいの確率ではないかと思います。 あまり出会いたくないですね……


銀座にもニーハオトイレ?


銀座にも区立の公衆トイレが何か所かあります。が、さすがにどれも普通のトイレです。 しかしなんと!銀座にもニーハオトイレがありました。

冒頭の写真は東銀座の歌舞伎座。そこを右に入ると、いつも長い行列の喫茶youなどがあります。 そして、歌舞伎座の横を見てみると、マンホールが並んでいます。



近づいて良く見てみると……




災害用トイレ!

なんと、トイレが並んでいたのでした。歌舞伎座の横で人々がズラッと並んで……何ともシュールな光景です。


マンホールトイレ


これをマンホールトイレというそうで、宮城県では東日本大震災の時にも使われたのだとか。 「本番」では、さすがにブースが乗っかるのだそうです。 本当に使う時が来ないことを祈りますが、パフォーマンスとしてなら、おもしろいかも。 防災の啓発イベントとして、ズラッと並んでしゃがむパフォーマンス、いかがでしょうか。